FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月26日(カトマンズ ネパール)午後からタメルの宿へ

(自分のための日記)

7時半過ぎ起床。
マロンとヒラリーを起こさない様に静かに部屋を出て上の階へ上がる。(私の部屋は2階。ロビー兼レストランが3階にあるのだが、1階にあると思い込んでいるので1日何回か下に下りてしまう事がよくあった。)

昨夜、皆より先に寝てしまい、皆後片付けで大変だっただろうと、キッチンにある大量の皿を1人で洗う。
そんな事をしていると、宿のスタッフを始め数人が起きて来た。
可愛い顔をしたスタッフが「ありがとう」と喜んでいた。

1時間ぐらい経過してマロンとヒラリーが起き、キッチンへ残り物のアップルパイを食べに来た。
2人は別々に来てオーバーリアクションで

「偉いわね!有難う!」

と言った。

私もそれを聞いて思い出し彼女達が欲しがっている言葉をマロンが居なかったのでヒラリーに言うと喜んでいた。

「昨日、先に寝てゴメンね!けど、あのアップルパイ、美味しかった!私、おかわりしたよ!」

ヒラリーは言った。
「それは良かった。(昨日皆が何も言わなかったから)美味しかったのかどうか不安だったの。」

結局、昨日後片付けは何もしておらず、今朝皆で片付けをした。
私は皿洗いに2時間もかけてしまった。

昨日はネパールの人数人が追加でパーティーに参加したのだが結局キャッシュバックはゼロだった。
きっと、ネパールの人はタダでパーティーに参加出来たのだろう。

今日はこの宿を出る日だ。宿のオーナーが居る内に宿代を支払おうとオーナーに声を掛けると、こう言われた。
「昨日ビールを2本飲んだだろ?」
私はトボけてみたが彼は一緒にパーティーに参加していたにも関わらず皆がどれをいくつ飲んだかしっかり計算していたのだ。恐ろしい奴だ。
結局、パーティー代2,000ルピーのキャッシュバックは一切無く、何となく飲み放題に見えていたアルコールは別料金だった。

ヒラリー、しっかり纏めてくれよ!

見事に宿のオーナーに持って行かれてしまった。
結局、3泊分の宿代877ルピー(約110ルピーを前金としてHostelworldに支払済)とビール代約300ルピーを2本、それにサービス料10%、TAX13%と掛けられるものをいくらでも掛けてくれて、チェックアウト時に確か1,816ルピーを請求された。

こんな宿、二度と来るか!

ここで初めてネパールではサービス料10%とTAX13%を取る所がある事を知った。
このサービス料等は取らない場所もかなりあるので、とても信用ならない。

部屋に戻り、苛々しながら自分の荷物を纏めているとマロンが戻って来て色んな話をしてくれたのだが、私はどうしても確認したくて暫く彼女の話を聞いてからこう言った。

「あの2,000ルピーの会費の件、キャッシュバックはあったの?いや、私、飲み放題だと思っていたから少しでもキャッシュバックがあったら嬉しいなと思ってね。」

そう言うとマロンはこう言った。

「あ~、キャッシュバックは無いわ。だって山羊を1頭丸ごと買ったから、それがきっと高かったんだと思う。飲み放題は付いてないよ。」

マロンも知っているなら早く言えよ、と腹が立った。
しかし誰1人山羊肉の金額を知っている者は居ない。

クソネパール人め!

マロンがシャワーを浴びている時にヒラリーが部屋に戻って来たのでお互いに別れの挨拶を交わした。
ヒラリーに次の宿の話をするとこう言った。

「大体バックパッカーはこことそこの宿を行ったり来たりするの。私もそう。そこの宿のオーナーは昨日のパーティーに来てたあの人よ。」

マロンが戻って来る前に宿を出る。

この宿はモンキーテンプルの近くにあるのだが次の宿はここから歩いて1時間の所にあるらしい。
iphoneに周辺の地図を落としてから出発。

大通りを歩いていると沢山の車が通るので砂埃が激しく息苦しい。
左手にスポーツクラブの看板があり、そこにも「Zumba」の表示があるが、きっとここにもZumbaレッスンは無さそうだ。途中で細い道に入り、歩き続けていると、畑が見えてきた。とてものどかな景色だ。
家を建築中だったり、色んな生活が垣間見れて楽しい。

1時間近く歩くと流石に12kgのバックパックが肩に負担をかけてくる。キツい。
辛い顔をしながら歩いているとふと現地の男性と目が合う。彼は

「Hello.」

と笑顔で言って来た。私も笑顔で返す。
2,000ルピーの件でネパールを嫌いになっていたので、何の思惑も無く笑顔で声を掛けられ、とても嬉しくホッとした。

お腹が空いてきたが宿までもう少し。

Googleマップの通りに歩いていると道が無くなる。
「Googleマップめ!」と怒っていると、建物と建物の間に狭い道がありそこのブロック塀に白いマジックで

「←Thamel」

と書いてあった。こんな道もあるのか。それに従い歩いているとヨガが出来る宿を経営している人に合い、私が泊まる予定の宿まで案内してくれた。特に何も無かったが彼は一生懸命自分の宿を紹介した。

「電話番号を教えておくよ。パンフレットも渡しておこう。1日30ドル(約3,000円)でヨガが出来て、食事も込みなんだ。安いだろ?」

話を半分聞いてパンフレットを貰い礼を言う。私の電話番号を聞いて来たが「日本の電話だから」と誤魔化した。

遂にThe Happily Ever After Hostelに到着。

入口の外で宿のスタッフ達が談笑していた。
その中に昨日、私のフードで手を拭いた彼が居た。再会したくなかったのに。
彼はテンション高くこう言った。

「昨日どこに消えたんだよ?」

適当に話し、トレッキングの事を聞くとゆっくり説明したいと言われたので、とにかく先に荷物を預けて昼食を食べに行く事にした。すぐ傍に「桃太郎」という日本料理屋があったのだが、そこには行かず、結局「ふる里」という日本料理屋へ向かう。金額を確認したくメニューを見ると料理が300ルピーぐらいであったので、まあ良いかと思い入る。
久々の日本料理屋の室内は日本の様だった。

先ずは温かいお茶がサービスで出てくる。。。あぁ、日本だ。

しかし日本人らしきスタッフは見当たらない。

ネパール人の彼女が日本人らしく振舞うのが可愛いらしい。か細く女将さんの様な声で彼女は言う。

「はい、いらっしゃいませ。どうぞ。」

金額等を考えて私はカツ丼セットをオーダーした。久々の味噌汁と漬物がセットで付いてくる。
290ルピーに10%のサービス料。

客はその時私しか居なかったのだが、オーダーした途端に彼女の息子さんか不明だが若い男性3人ぐらいが集まり厨房で調理を始めた。20分ぐらい経って、カツ丼を彼女が持ってきた。

「はい。どうぞ。」

蓋を開けるとカツ丼の香りが広がり、それを見た瞬間涙が出そうになった。
1人黙ってカツ丼を食べる。
味噌汁は煮えすぎていたが久々の味噌汁に安心感を覚える。

お茶を飲み干すと、彼女がお茶を注ぎに来てくれた。日本の様だ。

ホッと安心して、暫くお茶を飲みながらボーっとしていた。ここはwifiも使える。

日本人と外国人のグループが入って来た。
その中の1人、日本人女性が日本人に電話をしていた。

「しっかり宣伝はしていますので。」

そんな声が聞こえて来て、旅心も一瞬にして失せてしまった。

こういう話も旅の演出の一部分になるのかと初めて思った。

さあ宿に戻ろうと歩き出すが宿の場所が分からない。
分からないのでそのままThamelの街を楽しむ事にした。
工事現場を見つけたので写真に収めていると現場の人達が笑ってこちらを見ていたのでカメラを向けると笑顔が返ってきて嬉しかった。
旅行会社に行ってトレッキングの相談もしたが、やはり高いので断った。(アナプルナ10日間ツアー約40,000円、ガイドのみ20,000円だったか?これから値交渉をするのが普通)

暫く歩き周り、ようやく宿の場所が分かったのだが、既に夕方になっていたので宿の近くのレストランで夕食を食べる。
昼に贅沢をしたのでThamelにしては安いレストランを見つけて入る事にした。

バッファローのモモを注文すると店のスタッフに「他に注文しなくて良いのですか?」と聞かれる。
「もう暫く考える。」と返すと、モモを作らずそのまま暫く待って再び注文を聞きに来たので「とりあえずモモをください。」と言う。結構押しの強いスタッフだった。

モモを食べ終わり、宿へ向かう途中にスーパーを発見したので入ろうとするとアランを見つけた。
世の中は狭いなぁと思いつつそのままスーパーでポテトチップスとチョコレートを購入して宿へ戻る。

既に例のスタッフは帰宅していた。悪かったかな。

薄暗いロビーでOR2Kの「kiss from zuri cake」を思い出しながらポテトチップスとチョコレートを食べているとアランが私に「Hi」と言いながら宿に帰って来た。。。???

「え?!アラン!何でここに居るの???」

どうやら、パーティーで一緒だった男性陣は殆どこの宿に宿泊していて特にアランに関しては、昼間泊まってもいないThe Sparkling Turtle Hostelで時間を潰していた様だ。本当に世間は狭い。

ミックスドミトリーが安いのでそちらで予約していたら男性ばかり居る8人部屋に通された。(この時の記憶不鮮明)
部屋に入って2列目の2段ベッドの下段が開いていたので隣に荷物を置く。

21時過ぎに既に部屋が暗かったので就寝。

(本日の収支)
The Sparkling Turtle Hostel 12/23~12/26(3泊4日分)Hostelworld分およびTAX23%含 
                 1,118ルピー(約1,118円)
昨日のビール代2本(TAX23%含)  738ルピー(約738円)  
カツ丼セット(10%サービス料込) 320ルピー(約320円)
バッファローモモ(10%サービス料込) 110ルピー(約110円)
Lays ポテトチップス 45ルピー(約45円)
Dairy Milk チョコレート 50ルピー(約50円)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

richmiyuki

Author:richmiyuki
現在、携帯のメール使用不可。
au曰く帰国後じゃないとメールの再開は出来ないそうです。(あるいは自宅に携帯を送付するか。)現在、最善策を考え中。
友人の皆さん、何かご連絡あれば、こちらに非公開でコメントをください。(その際は念のためアドレスを教えてください。)お願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。