FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月9日(ニャチャン→ホイアン ベトナム)

(自分のための日記)

9時頃チェックアウトし荷物を預ける(キッチン奥)。昨日の食べかけのトウモロコシを食べる。

ICED COFFEEへ行きスタッフお勧めのマカダミアナッツチラー(フラペチーノ)を注文。生クリームが乗っていて嬉しい。
Wifiを拾いメールチェック等をした後、近くの旅行代理店へ向かいレンタルサイクルをする。

Nha Trangの殆どの旅行代理店でレンタルサイクル代は1日$5という表示が多い中、この代理店は1日50,000ドン(約240円)と安いので(昨日調査済)そこで契約しパスポートを預ける。
しかし、出てきた自転車はカンボジアでも経験済のブレーキの効きが悪いママチャリだった。
他の店にある$5の自転車はオシャレなマウンテンバイクだった。スピードも出ないと思うと少々残念。
とりあえず錆付いた鍵を借りて、自転車と共にひたすら南下してみた。vinepearl islandへ向かうケーブルカーがあるらしく、とにかくケーブルカー乗り場を目指す。

11時を過ぎていてお腹も空いていたのでレストランを見て周るがどこも金額が高めだ。とにかく暑い中汗をかきながら少し危険な車道を走る。
ケーブルカー乗り場に近づくと坂道が現れ、ママチャリにはキツかった。
何とか辿り着き自転車を乗り場近くへ停めようとすると警備員に「(遠くを指差し)あちらの自転車置き場に停めてください。」と言われ疲れていたのでムカっときて「わかりました。」と言いながら自転車に乗り迂回し、再び近くへ停めようとしたら警備員が戻ってきた。

私はベトナムへ対する怒りが溜まっていた様で警備員に日本語で文句を言って、ケーブルカー乗り場にさえ近づかずその場を離れる。
同じ道をそのまま反対方向に走りニャチャンセンターに辿り着く。
こういう時、自転車が邪魔になる。
どこかに自転車を停めようとすると必ずその場所を(勝手に?)管理している人が現れ

「2,000ドン(約10円)払え!」

と言われる。

以前、ベトナムに来た時はこの光景を見て「とても効率的だ。」と1人で納得していた。
駐輪場を管理している人が居るので、自転車、バイクが整然と並ぶ。
日本の駐輪場の概念では無く、何もない所で駐輪の管理をする人が居れば日本でも点字ブロックの上にまで自転車がはみ出る事も無いだろうし、小額でもお金を支払う事によって駐輪に対する意識が変わるかもしれない。そして、小額ながらこれで食べていける人が増える。そう思った。

しかし、ベトナムは常に「金 金 金」だ。本当に面倒臭い。

とにかく、2,000ドンを支払いたくなく他を周るが結局、同じ場所に戻り自転車を勝手に停めてみた。そうすると、今度は最初より少し離れた場所に停めたのだろうか他の人が「2,000ドン支払え!」と言って来た。もう疲れたので仕方なく2,000ドンを支払い厚紙で作った手書きの約2cm角の番号札を貰い今までの怒りと共に強く握り締めジーパンのポケットに突っ込む。

なんとなくベトナム料理を食べたく無くなりニャチャンセンター1階にあるロッテリアでランチセット(チーズバーガー、ポテト、コーラ)を食べる。そしてやはり3,000ドンのミニソフトも頼んでしまい、食べながらwifiを拾ってメール等をする。ソフトクリームの形を見ると何故かホッとする。

その後、中心地に戻って来たので自転車も不要になり旅行代理店へ自転車を返しに行きパスポートを返して貰う。

今夜のバスでお腹が空いた時の事を想定してロシア人が多いコンビニへ行き一番安いチョコチップクッキーと炭酸水、夕飯にカップラーメンを購入。

17時間頃、夜行バス出発まで2時間近くあったが宿へ戻りロビーで炭酸水を飲みながらiphoneをいじっているとアマンダが外出しようとしていた。

「今から寿司を食べに行くけど。。。」

と言われたが時間が気になっていたので遠慮して、お湯を沸かしてカップラーメンを食べる。
カップラーメンはベトナムらしく米粉の麺でスープは少々辛い。付属のフォークで食べたがとても食べ辛かった。

18時頃、台所の荷物置き場からバックパックを取り出してゆっくり過ごそうとすると(20分ぐらいだったか、予定よりも早く)バスが迎えに来た事を宿の男の子に教えて貰う。

ミニバンは既に外国人で埋まっていた。その後も数人ピックアップしバスステーション?へ。
スリーパーバスへ乗り換える。

途中、ホーチミンで出会ったオランダ人を見かけた。彼はまた誰か新しい人と飲みにでも出かけている様だ。

確かこのスリーパーバスでは右側の上で寝たか。。。後ろの欧米人(どこの国か不明)がとにかく煩くて皆困っていた。皆それぞれが睨みつけるが全く気にしていなかった。あんな人間にはなりたくない。

それでも明日の朝にはホイアンに着く。


(本日の収支)
3泊分のホテル代(Son & Daughter) 180,000ドン(約864円)
ICED COFFEE マカダミアナッツチラー 50,000ドン(約240円)
レンタルサイクル1日分      50,000ドン(約240円)
ロッテリア ランチセット(チーズバーガー)39,000ドン(約187円)
ロッテリア ミニソフト         3,000ドン(約15円)

駐輪代                 2,000ドン(約10円)
チョコレートチップクッキー       10,000ドン(約48円)
ソーダウォーター          8,000ドン(約39円)
カップラーメン             10,000ドン(約48円)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


(自分のための日記)

9時頃チェックアウトし荷物を預ける(キッチン奥)。昨日の食べかけのトウモロコシを食べる。

ICED COFFEEへ行きスタッフお勧めのマカダミアナッツチラー(フラペチーノ)を注文。生クリームが乗っていて嬉しい。
Wifiを拾いメールチェック等をした後、近くの旅行代理店へ向かいレンタルサイクルをする。

Nha Trangの殆どの旅行代理店でレンタルサイクル代は1日$5という表示が多い中、この代理店は1日50,000ドン(約240円)と安いので(昨日調査済)そこで契約しパスポートを預ける。
しかし、出てきた自転車はカンボジアでも経験済のブレーキの効きが悪いママチャリだった。
他の店にある$5の自転車はオシャレなマウンテンバイクだった。スピードも出ないと思うと少々残念。
とりあえず錆付いた鍵を借りて、自転車と共にひたすら南下してみた。vinepearl islandへ向かうケーブルカーがあるらしく、とにかくケーブルカー乗り場を目指す。

11時を過ぎていてお腹も空いていたのでレストランを見て周るがどこも金額が高めだ。とにかく暑い中汗をかきながら少し危険な車道を走る。
ケーブルカー乗り場に近づくと坂道が現れ、ママチャリにはキツかった。
何とか辿り着き自転車を乗り場近くへ停めようとすると警備員に「(遠くを指差し)あちらの自転車置き場に停めてください。」と言われ疲れていたのでムカっときて「わかりました。」と言いながら自転車に乗り迂回し、再び近くへ停めようとしたら警備員が戻ってきた。

私はベトナムへ対する怒りが溜まっていた様で警備員に日本語で文句を言って、ケーブルカー乗り場にさえ近づかずその場を離れる。
同じ道をそのまま反対方向に走りニャチャンセンターに辿り着く。
こういう時、自転車が邪魔になる。
どこかに自転車を停めようとすると必ずその場所を(勝手に?)管理している人が現れ

「2,000ドン(約10円)払え!」

と言われる。

以前、ベトナムに来た時はこの光景を見て「とても効率的だ。」と1人で納得していた。
駐輪場を管理している人が居るので、自転車、バイクが整然と並ぶ。
日本の駐輪場の概念では無く、何もない所で駐輪の管理をする人が居れば日本でも点字ブロックの上にまで自転車がはみ出る事も無いだろうし、小額でもお金を支払う事によって駐輪に対する意識が変わるかもしれない。そして、小額ながらこれで食べていける人が増える。そう思った。

しかし、ベトナムは常に「金 金 金」だ。本当に面倒臭い。

とにかく、2,000ドンを支払いたくなく他を周るが結局、同じ場所に戻り自転車を勝手に停めてみた。そうすると、今度は最初より少し離れた場所に停めたのだろうか他の人が「2,000ドン支払え!」と言って来た。もう疲れたので仕方なく2,000ドンを支払い厚紙で作った手書きの約2cm角の番号札を貰い今までの怒りと共に強く握り締めジーパンのポケットに突っ込む。

なんとなくベトナム料理を食べたく無くなりニャチャンセンター1階にあるロッテリアでランチセット(チーズバーガー、ポテト、コーラ)を食べる。そしてやはり3,000ドンのミニソフトも頼んでしまい、食べながらwifiを拾ってメール等をする。ソフトクリームの形を見ると何故かホッとする。

その後、中心地に戻って来たので自転車も不要になり旅行代理店へ自転車を返しに行きパスポートを返して貰う。

今夜のバスでお腹が空いた時の事を想定してロシア人が多いコンビニへ行き一番安いチョコチップクッキーと炭酸水、夕飯にカップラーメンを購入。

17時間頃、夜行バス出発まで2時間近くあったが宿へ戻りロビーで炭酸水を飲みながらiphoneをいじっているとアマンダが外出しようとしていた。

「今から寿司を食べに行くけど。。。」

と言われたが時間が気になっていたので遠慮して、お湯を沸かしてカップラーメンを食べる。
カップラーメンはベトナムらしく米粉の麺でスープは少々辛い。付属のフォークで食べたがとても食べ辛かった。

18時頃、台所の荷物置き場からバックパックを取り出してゆっくり過ごそうとすると(20分ぐらいだったか、予定よりも早く)バスが迎えに来た事を宿の男の子に教えて貰う。

ミニバンは既に外国人で埋まっていた。その後も数人ピックアップしバスステーション?へ。
スリーパーバスへ乗り換える。

途中、ホーチミンで出会ったオランダ人を見かけた。彼はまた誰か新しい人と飲みにでも出かけている様だ。

確かこのスリーパーバスでは右側の上で寝たか。。。後ろの欧米人(どこの国か不明)がとにかく煩くて皆困っていた。皆それぞれが睨みつけるが全く気にしていなかった。あんな人間にはなりたくない。

それでも明日の朝にはホイアンに着く。


(本日の収支)
3泊分のホテル代(Son & Daughter) 180,000ドン(約864円)
ICED COFFEE マカダミアナッツチラー 50,000ドン(約240円)
レンタルサイクル1日分      50,000ドン(約240円)
ロッテリア ランチセット(チーズバーガー)39,000ドン(約187円)
ロッテリア ミニソフト         3,000ドン(約15円)

駐輪代                 2,000ドン(約10円)
チョコレートチップクッキー       10,000ドン(約48円)
ソーダウォーター          8,000ドン(約39円)
カップラーメン             10,000ドン(約48円)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

richmiyuki

Author:richmiyuki
現在、携帯のメール使用不可。
au曰く帰国後じゃないとメールの再開は出来ないそうです。(あるいは自宅に携帯を送付するか。)現在、最善策を考え中。
友人の皆さん、何かご連絡あれば、こちらに非公開でコメントをください。(その際は念のためアドレスを教えてください。)お願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。