FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月2日(カントー ベトナム)

(自分のための日記)

朝8時過ぎに起床、チャンの以前のボーイフレンドのバイクを借り、チャンと一緒にCan Thoのボート乗り場へ向かう。チャンがお腹が空いたと言い、屋台を探し歩きチマキの様な物を3個ほど買う(1つ3,000ドン)私も1つ貰い食べる。葉っぱをめくると透明のお餅(←多分タピオカ?)が入っていて、その餅の中にココナッツの果肉の千切りが入っていて中の餡子は薩摩芋をすり潰したもので意外と美味しかった。このチマキには種類が多数あるらしく「開けて見てのお楽しみ」といった様なものらしい。

ボート乗り場の公園へ行くと数人がチャンに話しかけてきた。どうやらボートの客引きらしい。最初は300,000ドンと言って来たが最終的には200,000ドンで話がつき、2人でボートに乗る。しかし私はどこへ行くのか知らない。ボートの運転手が道を間違え余計に時間が掛かってしまう。

1つの島に到着。入場料10,000ドンだが、中の果樹園でミズレンブが取り放題らしくその取り放題に参加したい場合の入場料は25,000ドン。2人共同じタイプの入場料でないといけないらしい。
私は取り放題には反対だったがチャンが取り放題に参加したいらしく、渋々25,000ドンを支払う。

入場してすぐの所には土産物屋があり、そこを抜けると果樹園がある。
女性が1人居て、食べ頃のミズレンブを木から網で取って渡してくれる。

チャンから何度か(チャンの)写真を撮る様に言われ、色々と指示まで受け、段々テンションが下がる。
ヤケになりミズレンブを沢山かじる。ミズレンブは林檎と茄子を混ぜ合わせた様な味で、林檎の様に口の中がスッキリした感覚になる。

その島はその小さい果樹園とレストランだけだった。

レストランの傍の池には蓮の花が咲いている。同じ池には籠の中に沢山のカエル、その上には数種類の鳥、その横には猿が2匹、その近くにヒョウとトラを混ぜ合わせた様な柄の子猫が2匹、そしてまたレストランには色んな種類の6種類の鳥が居て、奥へ行けばアヒルと鶏が居て動物園の様だった。

チャンが入口のハンモックで休憩している間、私はチャンへの苛立ちを解消しようととにかく暑い中歩き回っていた。

少し時間が経ち、ボートでその島を離れる。そのボートはすぐに元の場所へ戻らず色んな景色を見せながら戻って行った。

ボートが岸に戻り、チャンがボートの元締めに200,000ドンを支払う。

バイクに乗り換え定食屋へ。ご飯の上に好きなおかずを2種ぐらい選んで乗せて貰う。
チャンに早くオーダーする様に急かされ再び苛々する。
私は甘辛くカリカリに炒めた海老と脂身がカリカリの焼き豚を頂く。
横にぜんまいの様に少しトロっとした山菜と大根の浅漬けが乗っているが全て美味しかった。
チャンが頼んだ野菜たっぷりのスープも薄味で酸味が少しあり美味しい。

お腹いっぱいになり、再び彼の部屋へ戻り昼寝をする。ちなみに今日彼は仕事で一日居ない。

気づけば17時前になり、私はシャワーを浴び、再びチャンとバイクに乗りチャンの従兄弟のお店へ行く。
カフェを経営しているらしく、私は練乳入アイスコーヒーを頂く。そこにはテレビがあり、鳥、犬が居た。
18時にお店を閉めて、その従兄弟の友達と一緒に飲みに行く事に。

そこはカントー名物の鶏の鍋が食べられるらしい。チャン曰くその鶏肉は鶏同士で戦わせているので歯ごたえがあって美味しいとか。色んな部位の肉が入っているのが分かったが、沢山骨が付いていて私には食べ辛かった。砂ズリも初めて見る形で少し驚いた。香草の香りが独特。
その後に出てきた丸い器(土器で器ごと焼いている様子)の中にグリーンカレーの様な香りのする鶏肉が沢山入っていて香りはキツが香ばしくて旨かった!中を覗くと沢山のレモングラスが底に敷き詰められていた。

そのままずっと飲んでいたかったがチャンが例の彼と珈琲を飲みに行く約束をしていたらしく、途中で私達は席を外し彼の部屋へ戻る。

彼のオススメのカフェはそこから1km離れているらしく歩いて向かおうとするがすぐにチャンがお腹が痛いと言い出し仕方なくタクシーで行く事に。

どこかのホテルの最上階にそのカフェはあり、私はココナッツジュースを注文。
カントーの街並みを一望出来るので客はカップルが多い。外国人観光客も多い。

チャンは彼の気を引こうと必死だ。ずっと現在の彼と電話をしているし、気づけばチャンは椅子から落ちて私のお腹にしがみつく始末だ。鬱陶しい。

チャンが居なくなった途端にチャンの以前の彼が私に色々話してきた。旅行を始めたキッカケを聞かれたり、仕事の話をしたり、とにかく彼は格好良く、話している時に相手の目をじっくり見て目をそらそうとしない。チャン曰く、チャンには現在ボーイフレンドが居るがこの彼には現在ガールフレンドが居ない。チャンと、この彼は今でも相思相愛と言うのだ。この2人が別れた原因は2人の両親が結婚に反対したからだとか。2人は宗教が違うそうだ。そう言いつつ数ヶ月前チャンは日本人と付き合いだし結婚の相談を私にしてきたぐらいだから大した問題では無いだろう。

きっとこの2人もチャンの現在の彼も長くは続かないだろう。

私はココナッツの内側の果肉をそぎ落とそうと必死だったがなかなか取れず、彼が代わりに果肉を沢山そぎ落としてくれた。

ココナッツの果肉をそぎ落とす男性は魅力的かもしれない。

カフェを離れ、再びボート乗り場へ近づき、彼は明日のボートの値段交渉をしていた。
明日は4時に起きてカントーで有名なマーケットを体験する。
交渉が終わり、ボート乗り場近くでナイトマーケットをしており、その中を歩いて周りタクシーに乗って彼の部屋へ。

気づけば今日は3人この部屋で過ごす事になった。

(本日の収支)
果樹園へのボート代 100,000ドン(約500円)
果樹園への入場料 25,000ドン(約125円)
ランチ代 多分20,000ドン(約100円)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

richmiyuki

Author:richmiyuki
現在、携帯のメール使用不可。
au曰く帰国後じゃないとメールの再開は出来ないそうです。(あるいは自宅に携帯を送付するか。)現在、最善策を考え中。
友人の皆さん、何かご連絡あれば、こちらに非公開でコメントをください。(その際は念のためアドレスを教えてください。)お願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。