FC2ブログ

6月14日(チューリッヒ スイス)

(自分のための日記)

8時半頃起床。

カウチサーファーの彼は早速、朝食にパンケーキを作ってくれた。
彼はパンケーキを6枚焼いてテーブルの上に置き、パンケーキの食べ方を指導し始めた。

「パンケーキにnutellaを沢山塗ってグルグル巻いて手で食べる。」

そう言えば、ポーランドでパンケーキを作って貰った時も同じ様な事を友人が言っていた。
パンケーキは基本的に手で食べても良いらしい。
彼は言った。
「日本では何て言うの?英語ではパンケーキだけど、フランス語ではクヘープって言うんだよ。フランスのクヘープは生地が薄いけど。」

私「あぁ!クレープの事だ!日本にはクレープがあるよ!そして日本にはホットケーキがあるけどパンケーキと食感が違うし分厚いんだ。。。」

今日の朝食は甘いパンケーキに甘いココアだった。

「今日は近くの山を登ってみようか。片道3時間近く歩くけど、どう?」

何だか楽しそうだと思った私は彼の案に乗る事にした。

彼はインターネットで面白いニュースを見たり、YouTubeを見るのが好きらしく気がつけば2人でインターネットに没頭していた。時には私が正座しているのを見て彼は「スゴイ!」と言って色々と聞いてきたので私が教えると彼は男らしく正座して「アリガトウ!」と言った。

男らしく正座して「ありがとう!」と言うのが武士らしいと思っている様だ。

私は彼に「う~ん、それなら武士じゃないけど正座して『押忍!』って言った方が様になるかな~。手の動きも必要だけど。」と言うと彼は早速私のやる事を真似をしていた。

お昼になり、彼はランチにホットドックを作ってくれた。
長いウィンナーを半数はオーブンで焼き、残りはビールで茹でる。
ホットドック用のパンにみじん切りにした玉葱とウィンナーを入れてケチャップ、カレーパウダー、パプリカパウダーをかける。

「俺達レイジー(だらしない)だね。」

そう彼は言い、結局私達は今日全く外に出ずにインターネットをしたり昼寝をしたりして過ごした。

彼は今夜鶏肉を使った料理を作ると言い、凍らせていた1羽の鶏肉を解凍させていた。

夕方、彼の携帯電話が何度も鳴り、彼は私に対して気まずそうにしながら、ギリシャ語で電話に応えていた。

(彼女かな???)

そう思っていると暫く経って彼は私に言った。

「ちょっと、友人が相談したい事があるって言っているから3時間ぐらい外出してきていい?」

(本当かな?)そう思いつつ、私が「いいよ。」と言うと彼は満面の笑みで「ありがとう!」と言い出ていった。

(友人の相談だとして、今日は土曜日だからきっと飲みが絡んでいるはずだ。)

彼の居ない3時間、私はチューリッヒで1人暮らしをしている気分で過ごした。
ムダ毛の処理をしたり前髪のカットをした。
B'zのCDを数枚iphoneに入れていたが、その中に無い「Wonderful Opportunity」「YOU & I」を無性に聞きたくなり、iphoneに落とす事にした。この2曲は歌詞、曲共に私の大好きな歌だ。

3時間経つ頃、私はキッチンの解凍しかけの鶏肉を眺めていた。
「本当に帰ってくるのかな?」
そう思っていると彼が帰って来た。彼は私に「ごめんね。」と言いながら夕食を作り出した。
彼は夕食を作りながら私に3時間何をしていたか説明し始めた。

「僕の友人は35歳なんだけど現在彼女と同棲していて、今度今より良い場所に引っ越すらしいんだ。彼は引っ越す事に戸惑っていて、、、何故かと言うと彼女は45歳で彼よりも10歳年上だから、もしこのまま一緒に過ごす事になって彼女が50歳過ぎたら彼は未だ40歳だからsexとか色んな事したいのに彼女は出来ない、って事になり得るだろ?そこを彼は悩んでいるんだ。このまま関係を続けるか、彼女のためにも早く関係を絶って彼女にもっといい男性を見つけて貰うか。だって年取ってから別れたら彼女が可哀想だろ?彼は既に同い年の人とデートを始めてるんだ。」

私は結婚の話かと思ったのだが、2人共1度離婚を経験したらしくどちらにも子供が居て、どちらも結婚する気が無いらしい。

私「もしかして、その貴方の友人は今回だけじゃ無くていつも色んな女性とデートしてるんじゃないの???」

彼「。。。。。。。う~ん、時々他の女性にも会ってるみたい。」

私「何それ?!結局『自由』が欲しいってやつでしょ?本格的な同棲を始めるから怖じ気づいたんだ??」

彼「Yeah,確かに男は『自由』が好きだから。。。だって、その45歳の彼女は最初の頃彼に『他の女性と付き合ってもいい』って言っていたのに現在では『駄目』って言うんだよ。その友人が他の女性とデートしている所を見つけられて問い詰められたってさ。」

私「うわぁ~、だから男って嫌い!!!最低!!!そんな事、最初はOKでも時間が経つと情とか出るもんでしょ?そんな事言うなら貴方の好きな人が浮気しても良いって事だよね?」

彼「それは嫌だ。」

私「もう、本当っ!男、嫌い!その友人は彼女の事を本気で好きじゃないんだよ。好きだったらそんな悩みなんか出ない!」

彼「じゃあ、好きという気持ちだけで結婚出来るか?!色々と複雑なんだよ!」

私「けど、好きだからこそ嫌な事も乗り越えられるんじゃないの??何で彼女を作っておいて遊ぶの?自由が欲しかったら単に遊べばいいじゃん。」

その後の彼の発言は私にとっては初耳で、しかも私にとってはあまりにも面白すぎる回答だった。

彼「だってさ~、ほら、夏はビーチに沢山女性が居るから女性に困らないけど、冬になるとビーチに女性は居なくなってなかなか女性が見つからないんだ。寂しいだろ?」

そんな軽い言い合いをしていると料理が出来た。
今日彼はビールを飲まないらしい。
今日の料理は、鶏肉とじゃが芋を香辛料とニンニクで和えオーブンで焼いたものだった。
日本に無い味付けで美味しかった。

その日は恋愛についてお互いに語り合った。
私「貴方なんて結婚なんてしたくない、女性に縛られたくない『自由』大好き人間でしょ??女性とsexする事しか考えてなさそう。」

彼「『自由』が好きだけど、sexから始まる恋もあるだろ?僕だって遊ぶけど、遊びでも、付き合いが長くなれば好きになる事だってある。こんな僕でも好きになったらその女性としか遊ばないよ。」

彼はsexの話題が多いが、とは言え、彼の言う事はいつも、まともに感じる。

彼の近くへ行くとやはりアルコールの臭いがした。私の表情を見て彼は「ニンニクを切ったから臭うんだろ??」と言ったので私は苦笑した。

その後、私は恋愛の話に気分を悪くしたまま就寝した。

。。。その夜中、久しぶりに足がつって私は唸っていた。
すると彼が起きて「腹が痛いのか?!薬をやるぞ!」と言われ何だか恥ずかしくなった私は本当の事を言えず「だ、大丈夫。。。」と言ってそのまま再び眠りについた。

(本日の収支)
ナシ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

richmiyuki

Author:richmiyuki
現在、携帯のメール使用不可。
au曰く帰国後じゃないとメールの再開は出来ないそうです。(あるいは自宅に携帯を送付するか。)現在、最善策を考え中。
友人の皆さん、何かご連絡あれば、こちらに非公開でコメントをください。(その際は念のためアドレスを教えてください。)お願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR