FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月1日(プラハ→クラコウ チェコ→ポーランド)*後日校正追記予定

(自分のための日記)

6時半起床。
荷造りをしているが、ダリは起きて来ない。
今日の7時44分発の列車でクラコウへ向けて出発するのだが、ダリ曰く「7時過ぎに家を出たら大丈夫。僕も一緒に駅に行くから。」との事だったので不安ながらも落ち着いて部屋で待機していたのだがダリが起きてくる気配は無い。
不安になり、GoogleMapでここから駅までの交通手段を調べると、この部屋を15分以内に出ないと直通の路面電車を拾えないそうだ。そして、それに乗られたとしても駅への到着予定は7時40分だ。

慌てて部屋を飛び出すと、ダリがキッチンで立って居た。彼は未だパジャマのままだ。私は彼に言った。

「ごめん!もう出て行く!!Thank you!!!」

彼が何か言おうとしたのだが、私は焦っていたので、彼に背を向けて先にバックパックを取りに行こうとすると、彼の複雑な表情が、私が背中を向けようとした瞬間に見えたので慌てて彼の所へ戻ると彼は顔を震わせながら「Have a good trip.」と言った。
玄関で別れの挨拶を交わそうとしたのだが、彼はすぐに扉を閉めてしまった。

本当に彼は気持ちの悪い人だった。私はここから出られて幸いだった。

気を取り直して走って路面電車の停留所へ向かうと出発よりも10分早く着いた。これならもっとゆっくりとダリに別れの挨拶をすれば良かった。後でメールを送るしかないな。

(この路面電車を逃したら、列車に乗る事は出来ない。)

気を張ったまま電車を待つと7時20分、予定通りに電車が到着したので乗り込んでコンポステで(昨日買った)切符に刻印する。周りの様子とgpsを見ながら駅周辺に着いたと同時に電車を降りる。

殆どの人が公園の中を歩いて行くので、念のために傍に居た人に確認すると「このまま皆について行けば駅に着くよ。」と言われたので早足で皆のあとをついていく。路面電車の停留所から歩いて5分程で駅に到着した。

だが、この駅は地下鉄(と確かバスターミナル)が混在しているので、どこに列車のホームがあるかすぐに分からず、大きいスーツケースを持っている女性2人に確認すると私が入った入口から真っ直ぐ歩いた先を右へ向かって行くと左手に駅のホームがあった。

私が乗る予定の列車を見つけたが、外観はとにかく古そうに感じた。
各車両にスタッフが立っていて、その人に私の席を聞くと彼女は気さくに説明してくれた。

私が席について2分程で列車は時間通りに出発した。間に合って良かった。

中は改装したのか綺麗だった。席は大きめ。車窓も大きいし、片側(進行方向右側)にだけ6人掛けの席が3対3と向かい合わせに並び、その間には折りたためるテーブルがある。進行方向左側は通路のみで、通路側にある窓も大きい。そして6人掛けの席毎に透明の扉が付いている。透明の仕切りがあるのだ。静かだ。ブース毎に空調のツマミがあったので温度調整が出来そうだ。wifiは殆ど順調に使えた。そしてメニューが置かれてあった。

列車が走り出して間も無く、この列車の担当者らしき人が現れ新聞や雑誌を持って来た。英語版は無さそうだ。

その後、再び担当者が来て、小さいペットボトルの水を配り出した。

その後、また担当者の彼女が現れ「何か飲みますか?」と聞いて来た。
有料の分もあるのだが、無料でも、illy等の珈琲や紅茶等を飲む事が出来る。
私はミントティーを頼んだ。担当者はタブレットで注文の管理をしている様でこの車両全員の注文を聞いた後、飲み物等を纏めて持って来る。早速ミントティーが来たので飲んでみると思っていた味と違っていた。

このブースには私を含め3人乗車していた。その内1人は1時間程ですぐに列車を降りたので、2人でゆっくり過ごす事が出来た。

wifiを拾いノートパソコンでメールを作成していると、結構揺れが激しい事に気づき1時間以上作業しているとさすがに気分が悪くなった。

11時15分、列車はOstrava,Svinov駅に到着した。同席していた女性に声を掛けたのが幸いして私は駅を乗り過ごさずに済んだ。(ここのスタッフも各人の駅が近づいたら声掛けしている様に見えたが実際の所は分からない。)

同席していた女性に次に乗る12時5分発のKrakow行のホームの確認をすると彼女は私のiphoneに保存されているチケットの写真を見て「この内のどれかになるはず。」と言われたので安心して一度ホームから離れる事にした。
今頃になって同席していた彼女と会話が弾んでしまい、というのも私がカウチサーフィンの話をすると彼女はその話に喰いついただけの話なのだが。彼女に「カウチサーフィンの事で分からない事があったら。。。」と言ってメールアドレスを教えた。



*後日校正追記予定
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

richmiyuki

Author:richmiyuki
現在、携帯のメール使用不可。
au曰く帰国後じゃないとメールの再開は出来ないそうです。(あるいは自宅に携帯を送付するか。)現在、最善策を考え中。
友人の皆さん、何かご連絡あれば、こちらに非公開でコメントをください。(その際は念のためアドレスを教えてください。)お願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。