FC2ブログ

12月11日(五明佛学院→色達 四川省 中国)*後日追記校正予定

(自分のための日記)

朝7時過ぎに起床。
ここはトイレ(浴室もあるのだろうか?)が水が通ってないからか使えない様で鍵がかかってある。トイレは外。水場はどこにも見当たらない。
昨日、水を貰いに1階まで行ったら沢山の大きいポットとデカいやかん、水があった。
昨夜から歯磨きもしていない。やはり気持ち悪くなり、残っていた水と器があったのでそれで歯磨きをしてみる。

昨夜からトイレに行ってないので寒い中、外の段を上がった先のトイレへ先ほどの汚れた水が入っている容器を持って向かう。外の側溝に水を捨てトイレへ。寒く暗く心細いトイレだ。だが怖くは無い。今日は青空のラルンガルコンパを見られないだろうかと部屋の中から眺めているが凄い霧だ。9時前になってようやく日が昇ってきた。

1時間近く待ってみたが霧は無くならない。青空の写真は諦めチェックアウトする。10時過ぎ。
受付に居る女性に「チェックアウト」と言うと彼女は紙に「退房(?)」と書いて私に見せた。中国語でチェックアウトの意味なのだろう。私が頷くと彼女は中国語で何か言い「バイバイ」と言った。。。やはり私の宿泊代は昨日のチベット僧が支払ったのだ。荷物を一旦預けて外のトイレへ。すぐに戻り荷物を受け取って出発。

私が坂を下っていると、それとは逆に坂を上がるチベット僧達を沢山見た。

そのチベット僧一人一人の顔を見るが昨日の彼らの顔が見つからない。
皆同じ格好なので同じ人に見えてしまう。
似た様な人を見つけたがその人はすぐに目をそらして行ってしまった。

結局御礼を言えず終いだ。

喘息で咳き込みながら坂を下るが乗り合いバンが見つからない。数人に聞いてみるが、英語が分からないとすぐに「ティンブドン(分からない)」と言い消えていく。全体的に思っていたよりとても冷たい。途方に暮れる。

何とか色んな人に聞いてバンの乗り場に辿り着くが英語は全く通じない。
とにかく行きたい場所を行ってみる。

「甘孜(ガンゼorガンズ)」

皆、何か言っているが全く分からない。チベットの言葉なのか。。。
ドライバーはチベット族らしき人が多い。
ドライバーが面白がって集まってくる。しかし全く解決しない。

殆どのバンのドライバーは「色達(セタ)色達!!!」と叫んでいる。
色達まで行けば甘孜行のバスがあるかもしれない。とりあえず色達行のバンに乗る。

バンは悪路の中スピードを出して進み、1時間弱で色達に着く。

着いた場所はホテルが数軒あり、ラルンガルコンパより都会に見えるが、私にとってはとても居心地が悪く感じる。公安も沢山巡回していてスピーカーで何か言っているし、武装している公安が沢山居る。
沢山の客引きに声を掛けられるが彼らに英語は通じず、中国語の文字も通じない。
そしてまた沢山のバンのドライバーが面白がって集まってきた。

「I wanna go Ganze, Ganzu!!(私はガンゼ、ガンズに行きたい!)」
                  *人によってガンゼで通じたり、ガンズで通じたりする。

そう言うと最初ここまで連れて来てくれたドライバーは1,000元(約16,000円)と言って来た。
他のドライバーは700元(約11,200円)と言って来た。どちらも高い。

「もういいから、バスステーションはどこ?バス!!!」と言ってiphoneに「巴士」と入力して見せるが皆「バ、、、」と言うだけで、どうやらこの字が分からないらしい。参った。
ドライバー達が「もういいからバンに乗りな。」と手を引っ張って行こうとするので「多少銭(いくら)?」と聞くとやはり700元と言う。「だから、高いって!」

砂埃が激しく咳が一層酷くなる。他へ行ったり戻ったりしながら1時間近くドライバー達とやりとりをした。

ここのバンは「ガラ、ガラ、ガラ」と叫んでいる人が多い。沢山の人がガラという場所に行くのだろう。
ガラという場所がどこか知りたくてドライバー達に「Where is Gara??(ガラはどこ?)Map??地図?」と何度も何度もジェスチャーを交えて聞くが全く通じない。ただ、金絡みの話は素早く理解する。「ガラまでの金額は。。。」と言い出したので、私はコンパスを取り出し、皆に見せ「ガラはどっちの方向?North,South,West,East,どれ???」とりあえず南にさえ下りればいいと思って聞いたが全く通じない。腹が立つ。

不安と苛立ちの挙句「あんたたち、馬鹿じゃないの???」と叫ぶ。

すると皆は日本語の「バカ」だけは知っているので大笑いする。ダメだこりゃ。バスターミナルにさえ着けないとは。。。

諦めつつ、そばの大きいホテルに入り受付に「Can you speak English?(英語話せますか?)」と聞く。
5人ぐらいの中国人が居たが低い声で「No.」と言う、クソッ。

バルカンの時と同じ不安が募る。途方に暮れているとその大きいホテルから珍しく中国人らしい中国人のカップルが出てきたので、すぐに「Excuse me. Can you speak English??(すみませんが英語を話せますか?)」と尋ねると男性が「Yes.」と言った。良かった。

彼に現在、バスターミナルを探している事と甘孜へ行きたい事を伝えると、彼は先ずバンと交渉を始め、やはり高いのでバスターミナルへ行こうという事になった。タクシーに乗りバスターミナルへ向かう。着いたバスターミナルは、とてもバスターミナルとは思えない場所にあった。かなり憔悴しきった私は彼に「成都行でも構わない」事も伝えた。彼も「ただ南下したいのなら成都に一度戻る方がいい。」と言い、結局窓口で成都行のバスチケットを購入。今にもここを出たかったが明朝発。
同じタクシーで中心地に戻る。彼が「ホテルは?」と聞くので「まだ決めていない。」と言うと予算を聞いてきてそれに合った宿を探してくれた。バックパックは彼が、手提げ袋は彼女が持ちかなり楽になった。予算を少しオーバーしたがすぐ宿に到着し部屋まで彼等は荷物を運んでくれた。タクシー代も彼女に「要らない」と言われた。

ラルンガルコンパに何故行ったのだろう。。。東チベットと言われているので興味があったが、インターネットで色んな人の体験談を読んで知らない内に東チベットに「優しさ」を求めて行った様な気がする。
皆が冷たかった訳では無い。優しい人も居た。が、温もりを感じなかった。何か宗教的な優しさに感じた。

最近、中国人を見下していた様な気がする。そんな時に結局心から自然と優しくしてくれるのは中国人らしい中国人(漢民族)だった。今回はそれを再認識させられた様な気がする。

中国人は皆優しい。チベットは特別では無い。私が行ったラルンガルコンパのチベット族は中国人そのものだった。買い物は押し合って買う。唾はそこら辺に吐く。人との距離が近い。成都などと変わらない。

チベットで何が起きているか私は全く知らないが、人1人の意見を鵜呑みにして正義を語る事をしない様に気をつけようと何となく思った。もし、正義を語るなら自分なりに事実を調べつくした上で行動に出なければ。間違ったら大事だ。その人が強く語る時には必ず目的がある。常に自分は冷静でいなければ。

中国はとても大きい大陸で人口もとても多い。中国政府を認める訳では無いが、この人数を纏める事は政府も本当に大変だろう。
そう考えると日本は小さくて人口も少ないので纏めるのは中国より簡単なのだ。
ニュースの質で考えると日本のニュースの質は下がっている。毎日「中国は日本を嫌っている」と流しているのは何か意図があるのだろうか?実際に行くとそう思っている中国人はごくわずかだ。日本が領土問題のニュースばかりやれば中国だって腹が立って同じく対日本のニュースを流すのは当然にも思える。

今まで旅して実感している事は、やはり日本人は全体的に知識レベルが高い。
ただし、中国は人によって知識の幅が違う。これが紛争の元なのでは無いのだろうか。知識が低いと相手が思い通りにいかなければつい殴ってしまったり、、、だから、団体を作って色々と訴えていくのも大事なのかもしれないが、色んな人に「教育」をしていく事が大事なんだろうとつくづく思う。先ずは公安から。。。
私もついこの間まで人ひとりの話を鵜呑みにして正義を熱く語っていたが、そんな事を言う暇があるのなら、先ずはすぐ傍に居る人、1人でも良いから幸せにしてあげる事が世界平和に繋がると思う。

色達はラルンガルコンパよりも寒く感じる。宿から出たくない。
だがお腹が空いたので宿のスタッフの部屋へ行き外出する旨を伝え様とすると、スタッフの2人は調度煮込みラーメンを食べようとしている所だった。とてもお腹が空いていたのでジーっと見てしまう。
1人が「部屋に入ってお茶でも飲んで。」と言うので部屋に入って電気コンロで暖を取りながら熱いお茶を頂く。少し温まる。暫くすると煮込みラーメンを持って来て「食べる?」と聞くので頷いた。暖を取る電気コンロを使ってラーメンを作る。とても美味しい。スープも飲み揚げてしまった。

そうすると彼女はもう1袋煮込ラーメンを持ってきた。少しお腹が一杯だったので遠慮したが念の為と私の傍に置いてくれた。

*後日、追記校正予定


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



12月10日(バルカン→五明佛学院 四川省 中国)

(自分のための日記)

6時起床。遂に風邪薬を飲む。この宿は暖かい。一昨日の松潘の宿は酷過ぎた。

仕度を終え、6時40分頃チェックアウト。この宿は普通のマンションの一室の様になっていて部屋が10部屋ぐらいあったのだがオーナーの部屋を聞いていなかった。多分ここであろうと思える部屋を2回に渡りノックするとやはりオーナーが出てきた。私のノックで起きたのだろう。眠そうだ。

50元札しか持っていなかったので念押しで「(50元から値引で)40元で良かったよね?」と指を4本立てて言うと彼女が頷く。しかし、釣りが無いと言うので私も財布を出し確認すると35元があったので「これしかない。」と伝えると35元に負けて貰えた。

暗い廊下を歩きエレベーターで1階に降り適当に外へ出るとタクシーがあった。すぐにつかまえ金額を聞くとメーター制だから分からないと言われたがとりあえず乗車してバスターミナルへ向かう。
7時到着。タクシー代8元。人は殆ど居ない。暗くてバスがよく見えないのでバスチケットをバスドライバーらしき人に見せて確認。
「あっちのバスだよ。」乗車すると再び生ゴミ臭がする。この臭いで吐きそうだ。とにかく我慢しつつも高山病対策の為口から深呼吸を何度もする。飴を舐めて飴の匂いで一時的に異臭を消せるがそう簡単にはいかない。とにかく我慢するしかない。

私の窓側席には既にチベット衣装で着太りした男性が1座席からはみ出て座っていた。驚いた目でそこは私の席だと合図するがこの男性にはとても鈍感で気づいてくれず渋々通路席に座る。この男性、誰かに似ていると思っていたらお笑いタレントの真栄田さんにソックリだ。彼にiphoneで「五明佛学院?」と入力して見せると彼もそこまで行くと言った。このバスがそっちの方向に行くのかすら自信が無かったのでそれを聞いて安心した。

7時20分を過ぎてバス出発。真栄田さんソックリさんのお友達が通路挟んで隣の2席に座っている。

出発から3時間経過しバス休憩。山の美しい景色を写真に収めたくすぐに降り先ずはトイレへ。
人に聞くまでどれがトイレか分からなかった。そして勿論トイレは昔の中国スタイル。ただ、遠い奥底へ沈むので水洗トイレよりは汚れていない様に見える。暗くてよく見えていない可能性もあるが。

写真を撮り、深呼吸をする。暫く経ってバスに戻る。誰とも友達になりそうに無いなと思っていた頃、隣の男性が休憩から戻ってきて「あれ?ご飯食べなかったの?」と中国語で聞いてきた。頷くとピーナッツの周りに衣が付いた、日本では節分に登場しそうなお菓子をくれた。「謝謝」と言って食べていると今度は彼の友達が隣からひまわりの種をくれた。両手が塞がったまま食べているとその友達がかりんとうをくれた。
その後小さいみかん→龍眼→龍眼→小さいみかんを貰い、そして真栄田さんソックリさんからひまわりの種を貰う。

ずっと食べていた。その後道はかなりの悪路を行く事になり、ひまわりの種を食べるのにとても苦労する。バス出発後4時間ぐらいから悪路になる。悪路で数箇所ラルンガルコンパを思わせる景色に遭遇する。公安チェックも1回のみ(通常のチェックか?)バス内には入って来なかった。14時過ぎ、遂にバスは「五明佛学院」に到着した。。。

あの写真の通りじゃないのでとても不安になり色んな人に枯れた声で質問すると、そうだと言う。
次に宿を見つけたくiphoneに「住宿」と入力し尋ねると「ここから20km先にある。」と言われ再びショックを受ける。
ラルンガルコンパと宿は近くに無いのだろうか?。。。とにかく歩いていると再び山々の壮大な景色を見つけ写真を撮りながら歩く。そして降車場から歩いて5分ぐらいでラルンガルコンパらしき場所を発見する。門があり「五明佛学院」という文字を確認する。門を入ろうと思ったがチベット僧らしき2人組を見つけたのでとりあえず宿の事を聞いてみた。やはり乗り合いバンに乗って宿まで行った方が良いと言われ、その後中国語で色々話してきたが解らない。彼が「ティンブドン?(解らない?)」と聞くので頷くと彼は日本語を話せる友達に電話をして説明をした後電話を代わってくれた。
結局彼等について行っていたのだがそこでもう2人のチベット僧に遭遇し、彼は再び日本語を話せる人に電話をして代わって貰う。彼は用事があるので、待たせるよりは、もう2人の男性と一緒に宿を探す方が良いと言っている様だ。という事で了解して新たに出会った彼等について行く。バス降車場に乗り合いバンが集合する様だ。乗り合いバンが通れば彼等が声を掛ける。20分近く待っただろうか。寒いしバックパックが重い。どうしようと考えていたら、乗り合いバンを見つけてくれて一緒に乗車。

バンは定員オーバーで外の景色は見られないがラルンガルコンパらしき景色が一瞬見られた。良かった!とりあえずはラルンガルコンパに来られたのだ。上の方まで上がりバンから降りる。1人がバックパックを持ってくれた。かなり楽になったが、最初に泊まる予定の場所に鍵がかかって開いていない様だ。

他の宿を探すべく急でも無い坂を上って行くとすぐに息切れが始まった。とにかく深呼吸をしながらついていく。砂埃が激しく口で呼吸すると次は喘息の咳が止まらなくなる。次の宿に着くまで苦しかった。しかもその宿は3階に泊まる事になりかなりキツかった。
後からチェックインした中国人も息を切らせながら階段を上がる。再び日本語を話せる女性に電話で助けて貰う。シングルは120元だが安く済ませたかったので40元のトリプルルームで彼等とシェアする事になった。ベッドが3つ並んでいて、電気マットがあるしポットもある。窓を見るとそれは私が望んでいたラルンガルコンパの景色そのものだった。「こんなすぐ傍で見られるとは!」

部屋を出て彼等は用事があるのでとりあえず別れ17時過ぎていたので宿の1階のレストランに入る。私の感覚なのだがロシアっぽい雰囲気だった。特にこれといった理由は無いが。ただ、ここの人達の言葉はどうもロシア語に聞こえてしまう。文字はミャンマー辺りに似ているか?とにかく、あまり安くもなかったが、メニューにビーフカレーにソックリな写真があったのでそれを指差したのだが出てきたのは豚以外の肉の回鍋肉の様なものだった。ちょっと残念だったがまあ美味しかった。食べていたら半分でお腹一杯になる。出されたお湯を飲んで水分補給。

外へ出て辺りを散策。再び息を切らせ途中休憩しつつ歩く。加圧トレーニングってこの道理なのだろうか?酸素が薄いと息が切れると同時に筋肉がすぐに痛くなる。筋トレをしている時を思い出す。

また余計な事を考えつつ寒さに耐え歩いていると絶景を見つける。正直コンパが沢山並んでいる場所よりも平坦な山々が連なっている風景、そして自然の中にある静けさの方が気に入った。しかも遠くの山々は雪をかぶっている。なんて壮大な景色なんだろう。こんな景色を見たらまた感動する景色が減るのだろうか。。。

正直な所、現段階では、ここの人達に興味を感じられない。ここの人達は良い人達ばかりだ。だが「好き」と「良い人と思う事(尊敬とでも言うべきか)」を切り離して考えなくては勘違いを起こしてしまう。
私は松潘のチベット村で出会った彼等2人にもう一度会いたい。ただ、今は情を出したくない。
とにかく明日からゆっくり南下しよう。そんな日記を書いて彼等の毛布の準備をしていたら23時を過ぎた。2人のチベット僧は戻って来ない。遊んでいるのか?。。。そこで私は色んな誤解に気づく。

チベット僧は異性と同じ部屋で眠らないと聞いた事がある。この部屋に着くまで受付でかなり長く交渉をしていた。日本語を少し話せる女性の話も思い出し纏めると、本来なら1人なのでシングル120元しか泊まれないが私が安い方が良いと言いトリプルルームになる。だが彼等が「異性と一緒に泊まらせてはいけない」とトリプルに1人で泊まれる様に交渉した様だ。本来トリプルに1人だと120元になるそうだが、その部分を交渉したのだろう。じゃあ彼が手にしていた40元は?私の宿代なのか?チェクアウトの時に確認しよう。そして1時前になってもやはりチベット僧達は戻って来なかった。

(本日の収支)
昨日の宿代               35元(約560円)
宿からバスターミナルまでのタクシー代  8元(約128円)
宿のレストランにて回鍋肉らしきもの   20元(約320円)
インスタントコーヒー          1元(約16円)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

12月9日(松潘→バルカン 四川省 中国)

(自分のための日記)

朝5時起床。昨日の午後からこの部屋には誰も居ない。
寒さには慣れてきた様だ。りんごを食べて水分補給して魔法瓶にお湯を追加する。
とにかく荷造りをして、荷物削減の為、もう飲まないであろうハーブティーの花々、クリスチャンディオールのデカい化粧用パウダー、茶こしを捨てる。

この宿のシャワーが温くて風邪を引くし、今朝は2段ベッドで頭をぶつけ1人で文句をブツブツ言いながら5時50分にドアを開けると宿のスタッフが立って居た。恥ずかしい。
キッチリ部屋の中を確認された上でチェックアウト、デポジット100元を返して貰う。外の出口まで見送って貰う。

外の細い道に出る。真っ暗で何も見えない。しかし久しぶりに沢山の星を見る事が出来た。感動に浸った後、すぐにiphoneの明るさを最大限にして道を照らす。段差や馬糞が多いので暗い中そのまま歩くのは危険過ぎる。ゆっくり10分程歩いてバスターミナルに到着。チケットをチェックする人など居ない。

そのままバスに乗る。客は少ないと思い2つの席を占領していたらすぐに隣の席の人が乗ってきて渋々バックパックをトランクに入れる。

6時20分バス出発。8時頃になりようやく明るくなる。相変わらず路面が凍結していて少々道も険しいが、この区間は平坦な山々が沢山見えて私としてはワクワクする。
アメリカと中国は似ている様な気がする。どちらも広大な土地があり色んな自然、色んな景色を持っている。そして色んな人達が居る。なんか羨ましいな。
Blake Sheltonの曲を聴きながら景色を眺める。ただし、フロントガラスからしか眺められない。フロントガラス以外の窓は凍っている。休憩時の外の景色はイマイチだったのが残念。

風邪を引いたので飴を舐めたり、昨日買ったりんごをかじったりウィンナーを食べたりして時間を潰す。

14時30分頃バスはバルカンに到着。先ずは明日のバスチケットを購入しに行く。

「色達(SEDA)(現地ではセタやスタと言っていた)」行に乗れば良いがラルンガルコンパのある「五明佛学院」に行くか確認の為、受付の人にiphoneで「明天 五明佛学院」と入力し渡すとそこから話がややこしくなった。受付の女性はキツかったが男性はわざわざ外に出てきて一生懸命教えてくれるが意味が分からない。一度に色んな事を教えてくれようとするのでパニックになった。

宿の客引きが50元と言って来たがとりあえず断りその男性と話を続ける。「五明佛学院まで連れて行ってあげる。」という男性が現れなんて優しいのだろうと思い、冷静になって一応「いくら?」と聞くと「1,000元(約16,000円)」と言われ、「このジジィ」と思い手で追い払う。

受付の男性は優しいのだがややこしくなってきたので「色達(SEDA)でいいの!」と私が言うと他の人も「色達でいいよ!何言ってるの?」と彼を責め、再びチケット売り場の女性にその男性が「セタ!(色達)」と言うと彼女が怒り出し、今度は別の男の人が間に入って来て公共バスに連れて行ってくれて運転手に事情を説明し1元でバスに乗る。

色達行きのチケットは余っているのに何故こんな事になったのだろう。。。とにかく、バスは三家○バスターミナルに到着。運転手に「到了(タオラ 着いたよ)」と教えて貰いとりあえず「謝謝」と言いバスを降りる。

さっきよりももっとこじんまりとしたバスターミナルで受付に「五明佛学院」と見せるとすぐにチケットを発行。ただし行き先が「洛絨」となっている。不安になり「色達?」と聞くと「え?五明佛学院に行きたいんでしょ?」と言っている様だったので安心する。このバスターミナルの上に宿があるので上がって声を掛けると40元と言われ断り、そこから歩いて宿を探すが見当たらない。

1つ見つけたので中に入るが誰も居ない。色んな事が一度に起きたので不安と苛立ちが混ざり風邪で声が殆ど出ないにも関わらず、かすれた怒鳴り声で「Excuse me!!!」と騒ぐとようやく人が出てきた。その人が担当者を呼び出し、彼女に英語で「1晩泊まりたい。」と言うと彼女は中国語でダーっと話し出した。「日本人です。」と中国語で伝えると彼女は「日本人はダメです。」と一蹴し追い出された。

腹が立つ!成都から引き続き親身になってくれる人に出会わない。

結局バスターミナルの上の宿に再び戻る事にした。

同じ女性に合い「やっぱり泊まる。30元でいいよね?」と聞くと他の女性が登場し、結局ここも外国人は不可と言われる。今までの不安と怒りが募り「何でダメなの?why?」と大声で言うとその女性が他のホテルを紹介すると言って紙に書いた。私は英語で言った。「そこはもう行った!外国人ダメって言われた!!!」と言うと彼女は「お金を沢山あげた?」と聞いてきて再び私は怒り出す。

日本語で「何で外国人だめなの?私どうしたらいいの?ちょっと考えてよ!」と大声で言う。宿に居た人達が集まり話し出したがどうやら心配している訳では無く面白くて近づいてきた様だ。ここに居ても何も結果は出ない。

怒った顔のままその場を離れる。最初に対応した宿のお婆ちゃん、最初の段階で言葉が通じなかったら外国人って気づかないのか?1人で「あー!ムカつく!」と街中で声を出す。旅をしだして初めての感情だった。とにかく怖い、不安だ。

不安が募り、トボトボ歩いているとお菓子屋さんを見つけたのでパン2個、チョコレート、山椒の効いた蒲焼と言われるお菓子を購入。4.5元(約72円)と安くて驚いた。しかしこのバスターミナル周辺には宿もレストランも少ない。公安を何度も見かけて不安が募る。

とにかく、もう一度バスターミナルから今日最初に着いたバスターミナルへ戻ろう。同じバスがここを最終地点として巡回している様だったので、バスが来るのを待つ。偶然にも同じ運転手さんに遭遇。iphoneで「不可 外国人 住宿」と入力し見せると分かってくれて元のバスターミナルへ戻る。バスが出発する時に1元を回収するが私が1元札を手にしているのにわざと近づいて来ない。有難う、運転手さん。(後でコッソリ支払おうと思うがまさかの展開で叶わず)

バスターミナルに着く前に運転手さんと乗客の女性に降ろされる。意味が分からない。その女性が三輪車の運転手に3元で外国人が泊まれる宿に行く様に話をしてくれ、とにかく「謝謝!」と言いその三輪車に乗る。すぐにホテル到着。

明らかに高そうな宿だ。「金額は?」と聞いたら分からないと言う。3元を支払いつつも文句を言って降りる。

不貞腐れた子供の様にバックパックを背負いリュックと手提げ袋を両手にブラさげて背中を丸め首を右斜めに傾けて歩く。皆優しいけど、どうしてイマイチなんだろう。念のためにそのホテルに入り、金額を聞く。受付には世界地図があり世界各地の時間が見られるくせに誰一人英語が分からない。「多少銭(いくらですか?)」と聞きなおすと「618元(約9,888円)」と言われた。何も言わずに出て行く。

CHINA POSTを見つけたので、日本行の荷物を送られるか期待せずに行き最初から英語で声を掛けるが「ティンブドン(分かりません)」と言われる。イライラが募り「Nobody can speak English here???(ここは誰一人英語を話せないの?)」と聞くと当然の様に「はい」と言う。「あ~はいはい」と言って外へ。

不安で一杯だ。宿の客引きに声を掛けられる。50元と聞こえた。「有wifi」というのも聞こえた。少し元気になって「40!」と指を4本立てると断られたので先を行こうとすると「まぁ、とりあえず見てみてよ!」と言い、近くに居た女性が案内する。マンションの13階の1室だが、中国にしては綺麗にしているしテレビもあり、ポット、電気マットもあるし何より暖かい。そして久々のシングルルームだ。お湯を確認すると滅茶苦茶熱いお湯が出てきて満足。

「ここにします。」既に17時。ついさっきまでは極寒のバスターミナルのベンチで寝る事を覚悟していたが宿が見つかり、とにかく安心した。荷物を置いて外へ出てレストランを探す。レストランの金額が成都より高い気がする。面類で10元からが多い。とても嬉しかったし風邪を引いているので今日は贅沢をしようとレストランに入るが鍋屋さんに2軒連続で入って少し恥ずかしい思いをする。

定食屋に入って、気づけば安めの卵焼き飯大盛をオーダーしてしまう。ビールも頼もうと思ったがオマケでスープが出てきたのでそれを飲んで我慢する。漢方薬の様な香り。豚肉の脂身をダシにしてネギが入っている、シンプルな味。お腹一杯で満足し、近くのスーパーを散策するが何も買わず。宿近くの売店で水分補給にコーラを買って宿に戻る。

日記を書き、気づけば22時前だったのでシャワーを浴びる。久々の熱湯に感動した。嬉しくて全身ピンク色になるまでシャワーを浴びる。久々に温まる。

今日は雲泥の差を見事に味わった日になった。1時前就寝。

(本日の収支)
バス代                    1元(約16円)
バルカン→洛絨(五明佛学院)バスチケット   64元(約1,024円)
パン2個、蒲焼のお菓子2個入り、チョコレート 4.5元(約72円)
三輪車タクシー                 3元(約48元)
卵焼き飯大盛                 10元(約160円)
缶コーラ                   2.5元(約40円)



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

12月8日(松潘 四川省 中国)

(自分のための日記)

朝8時半起床。
風邪も酷くなり鼻づまりも酷いせいで自分のイビキで目が覚め、そしてこれから行く場所での高山病等を心配して夢でうなされ目が覚め、昨日は隣の中国の男性は辛かったに違いない。
それでも彼は「Good morning」と優しく声を掛けてくれた。彼は中島みゆきのファンらしい。

慌ててシャワーを浴びるが、温い。嘘つき!

時間をかけてシャワーを浴び少し身体が温まる。寒い場所で熱いシャワーが出ないのは本当に辛い。ドライヤーが無いので髪の毛を乾かさず、今日の乗馬トレッキングの準備をしていたら約束の10時になるがノック音が無い。ゆっくり他の事をしていると10分頃にノック音がした。例の妹では無く男性が立っていた。どうやら外で待っていた様だ。慌てて外へ出るとその男性は乗馬のスタッフでは無く、外で馬2頭と一緒に居る女性がスタッフの様だ。

ここまで馬を連れてくるとは思わなかった。山の傍まで馬を引いて歩く。
1人で馬にまたがれず助けて貰う。馬2頭は紐で繋がっていて先頭にガイドが乗る。最初に私を馬に乗せたまま彼女は消えてしまう。先頭の馬が歩き出す。「馬が全ての道を知っているのかな?スゴイ!」と感動していたらガイドが慌てて戻って馬を引きとめた。どうやら私の勘違いだったようだ。

トレッキングが始まって10分ぐらいで山々の素晴らしい景色を見る事が出来た。ガイドは煙草を吸いながら馬を歩かせる。ラスベガスの時より急な坂を上ったり、しかも地面が凍って馬が脚を滑らせるので片手にカメラを持つ事は殆どしなかった。ボケっと乗っていると落馬して崖から落ちそうだったので慎重に乗る。
山が段々畑になっているのかと思ったらそれは馬の通り道だった様だ。茶色い山に雪のかかった白い山、両方見られて嬉しくなる。私の好きな景色だ。

1時間半ぐらいしてチベット村らしき場所に到着。多分ここで少し休憩の様だ。とりあえず歩いてみるがレストランや売店の様なものは見つからずお寺と沢山のマニ車しか見当たらない。そしてトイレも見当たらない。チベット僧らしき男性と目が合う。とても純粋そうな人だ。彼に頭を下げトイレを聞くが分かって貰えず、取りあえず門の中をくぐり中で探すがどうも無いし人が見当たらない。もうダメだ。沢山フンが落ちている場所を見つけて建物の影に隠れて用を足す。こんな事小学校以来してなかったので少し罪悪感に駆られる。

ここには楽しむ場所は無さそうだ。

馬の場所に戻ろうとすると、再び純粋そうな男性に合う。頭を下げると隣には私の知り合いに雰囲気が似ているチベット僧らしき男性が笑顔で立っている。中国語で話しかけられるが日本人である事を説明すると彼は「よし!」という日本語を言った。

私が会う中国人は殆どの人が必ず「よし!」「メシ!」を知っている。何故なんだろう?

「チーファン?(ご飯?)」と言って来たがガイドを待たせている事を何とかジェスチャーで言うと分かって貰えたが私が寒そうにしていたので再び「チーファン」と言って部屋に入る様に言われ何の抵抗も無く入った。ここはきっとお金はある方なんだろう。家の中は私にとって憧れる内装だった。上手く表現出来ないが。電気コンロみたいなもので暖を取る。熱いぐらいに温まる。お腹も空いていたのでご飯も頂く。ただ、期待外れで茶碗に灰の様な粉を入れ、白いココナッツのスライスの様なもの(ココナッツでは無い)を入れお湯を入れて混ぜる。牛か何かの角が入っているとジェスチャーで言われた。少し食べ辛い臭いがする。そのまま飲んでみた。「美味しい?」と聞かれ頷くが美味しくは無かった。早く飲み上げようと半分ぐらい一気に飲むとお湯を追加されてしまう。
それから硬い円盤型のパンが出てきたが硬すぎて手で割れない。彼が笑いながら手で割って茶碗に入れてくれた。

パンはお湯で溶かして食べるのか。。。美味しくは無かったが心がとても温まる料理だった。なんと普通に優しい人達なのだろう。もっと話したかったがさすがにガイドさんも待ちくたびれているかもしれないので「ガイドさんが待ってるから行きます、再見!」と言って2人の写真を撮って外へ。

マニ車の前で女性に合い、マニ車の回し方を教えてきたので足早に一緒に着いて行く。まだまだ先は長い様だったのでキリの良い所で「時間が無いので。。。」とお礼を言って別れる。

馬の場所に戻るとガイドさんはすぐに「行きますよ。」と言い、すぐに馬に乗って同じ場所を通って戻る。平坦な道になってカメラで写真を撮る。素晴らしい景色。ここは冬に来る観光客が少ない=馬も公道を走っていない様で私が馬と共に公道に出てくると皆笑顔で見ていた。

14時頃に宿到着。一度部屋に戻り、バスターミナルへ行きバルカン行のチケットを購入。色達行のチケットが無いか見ていたらバスターミナル前で声を掛けてきた男性が再び現れチケット購入を手伝ってくれた。大変助かった。お礼を言うと彼等は今から滝や湖を見に行くそうで誘ってくれたが明日のために体力温存したかったので断った。

長城付近の通りへ向かう。レストランは少し高そうだ。屋台で円盤型で中に高菜、ネギ、唐辛子、牛肉ミンチが少し入っているパンを揚げた様なものが売られてあり5元だったので購入し食べる。明日のバスのためにリンゴとクッキーを買う。リンゴにはオマケで小さいミカンが付いてきた。スーパーへ行きカップラーメンを購入し宿へ戻る。宿の人にお湯を貰いカップラーメン、リンゴ、クッキーを食べる。

明日朝早いのでシャワーを浴びようと入るが今朝より湯量が減り、しかも温い。うなったり身体を動かしながら何とかシャワーを浴びるがずっと鳥肌が立っていた。ホットウォーターって言ってたくせに!

電気マットをつけベッドに潜り暖を取る。


(本日の収支)
松潘→バルカン行バスチケット   110元(約1,760円)
円盤型の揚げ物           5元(約80円)
リンゴ4個             11元(約176円)
クッキー10枚ぐらい        4元(約64元)
牛肉面カップラーメン       3.8元(61円)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

12月7日(成都→松潘 四川省 中国)

(自分のための日記)

朝6時前に起床。夜中に慌てて松潘の宿の予約を取るが地図が拾えない。

私は2段ベッドの下段で寝ているのだが、上段の中国の男性が寝返りを打つ度に異常に揺れて怖かった。
このベッドは手作りなのか?昨夜、彼が帰って来た時に上から異臭がした。本当に臭かった。何故こんな異臭が作られるのか疑問に感じた。

適当に荷造りをして、部屋を出る。案の定、廊下から階段まで真っ暗だった。ゆっくり階段を降り、ロビーを見るとそこも真っ暗で誰も居なかった。足元を確認しながら外へ。地下鉄へ向かい7時過ぎ発の茶店子バスターミナルへ向かう。
7時の地下鉄は人が少なく2駅ぐらいですぐに座る事が出来た。30分ぐらいで茶店子バスターミナルに到着。

地下鉄から階段を上り外へ出ると湯気が見え思わず屋台で小包子とお粥を注文し椅子に座る。
小包子と甘いお粥の相性が良い。10分程で食べ終えてすぐにバスターミナルで荷物検査をしチケットを見せてバスターミナル内に入る。
バスは未だ来ていなかった。不安になった頃にバスが到着。傍に居た男性にバックパックをトランクに入れて貰い乗車。異臭がする。何の臭いだ?生ゴミの様な臭いだ。気分が悪い。

8時30分バス出発。

クラクションを鳴らしながら走っていく。霧で遠くが見えない。少し時間が経ちすぐに山々が見えてくる。一部の川に大規模な土砂崩れの跡があり、水が全く通っていない箇所もあった。立て看板に「四川省大地震」といった字を書いてあったので地震の跡なのだろう。色んな所に土砂が崩れた跡が見られる。
休憩時間になりトイレへ行くと1元も取られる。高い。
少しお腹が空いたので茹でたトウモロコシを買って食べるが全く味が無かった。後ろの席の男性が何回も立ち上がって私の席の頭上辺りに肘を置く。その都度髪の毛が引っ張られ痛くてとても苛立った。
隣の男性は私の席まで足を出していてのんびりは出来なかった。

この辺りの山々は中国らしい山ばかりだ。松潘に近づくと山の雰囲気が少し変わる。長城がいくつか見えてきた。バスが泊まり半数以上の人が降りるのでスタッフの人に「ソンバン?(松潘)」と聞くと適当に頷く。少し心配。だったが下車した。14時半頃。

今日泊まる宿はバスターミナルのすぐ近くだそうだ。それなら私でも探せるだろうと暫く探すが見つからない。途中でベンチに座り持っていたウィンナーを食べて休憩。太陽があたると暑いが日陰に入ると寒い。ここは寒いと思っていた成都よりもっと寒そうだ。

その後すぐに宿探しを再開するが宿が見つからないので諦めて他の宿に入って尋ねる。
1軒目、とても親切な対応で部屋もぼちぼち良かったのだが1泊100元で値下げは出来ないと言われたので却下。wifiを借りもう一度私が泊まる予定だった宿の地図をさがす。トリップアドバイザーのサイトに今夜泊まる予定の宿の地図が載っていたので確認する。ここから1分ぐらいだ。それを知ると気持ちが元気になりすぐにその地図の方へ向かう。
しかし全く看板が見当たらない。その周辺を歩き回るがやはり宿が見つからない。

もう一度1軒目の宿の傍へ行きwifiを拾いgoogle mapで宿を検索するとようやく表示されたのだが、どうやら私はバスターミナルの手前で降ろされた様で、バスターミナルはもっと先の場所だった。
そして、トリップアドバイザーの地図が間違っている事が分かった。ややこしい。

段々寒くなってきた。何とか頑張って歩いて宿の看板を遂に見つけるもシャッターが閉まっている。
隣のマッサージ屋さんに尋ねてみると(その場所は未だ先)と言っている様で歩くが見つからない。どこにある?

既にバスターミナルも通り過ぎたのできっとここには無いだろうと引き戻すとさっきの看板の前に女性が立っていて英語で「日本の方ですか?」と言った上で名刺を出してきた。「Emma's guesthouse」、今日私が泊まる予定の宿の名前だ。エマという人が英語が得意らしくこの名刺に「Emma」と名前があったので彼女が英語を話せるのだろう。17時頃になってやっと宿を見つけられた。興奮して彼女に英語で色々と喋る。17時頃。

部屋に案内して貰う。4人1部屋のドミトリーだ。トイレ、シャワーは同じ部屋の中にある。
聞いてもないのに彼女が「ホットシャワーが出る」と言っていたので安心した。
中国人男性が既に居たが彼以外は誰もいなかった。

彼女に乗馬トレッキングに参加したい旨を伝え、どんなコースがあるのかを聞くと彼女の英語に違和感を感じた。
彼女は殆ど英語を理解していなかった。よくよく話を聞くと彼女はエマの妹だという事が分かった。
話が上手くかみ合わない流れでその宿のレストランで夕食をとる事となる。

閉まっていたレストランを彼女が開ける。メニューを見るとどれも金額が高い。
ハンバーガーが20元(約320円)と他の料理より安く、ハンバーグを久しぶりに食べたかったので注文。

するとそのハンバーガーを作っているのはエマの妹だった。

乗馬トレッキングの件は話が全く通じず、その妹がエマに電話してエマが電話口で私に英語で説明してくれた。
乗馬トレッキングは1日ツアーから3日ツアーなど色々あるそうだ。エマから何日行きたいか聞かれたので「3日ツアーがいい」と言うと「寒い時期でガイドが可哀想。」と言い出したので、もしやと思い尋ねると、やはりオフシーズンなので誰一人参加者が居ないそうだ。という事で1日ツアーを申し込む。エマから妹に乗馬トレッキングを手配する様伝えてくれるらしい。

エマは休暇中なのだろうか。妹が殆ど一人で全ての事をやっていた。

暫くしてハンバーガーが出てくる。本当にハンバーガーのみでサラダやポテトなどは全く付いてなかった。
ハンバーグは焦げていたが、意外と美味しかった。

食事を終えてすぐに部屋に戻る。とても寒い。部屋の中はきっとマイナスになっているに違いない。
電気マットの電源を入れベッドに潜り込む。それでも寒い。外に出られない。

20時前、エマの妹が部屋に入ってきた。明日の乗馬トレッキング、10時出発。所要時間約5時間で220元との事。
私はその話をベッドの中に潜ったまま聞き、ベッドの中から220元を支払った。

それから結局何も出来ずに眠ってしまう。

(本日の収支)
朝食 小包子、お粥       6元(約96円)
昼食 トウモロコシ       6元(約96円)
宿のデポジット       100元(約1,600円)
Emma's guesthouse2泊分 100元(約1,600円)*実際は90元。10元はHostelworldへ支払済
夕食 ハンバーガー  20元(約320円)
明日の乗馬トレッキング代  220元(約3,520円)


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
プロフィール

richmiyuki

Author:richmiyuki
現在、携帯のメール使用不可。
au曰く帰国後じゃないとメールの再開は出来ないそうです。(あるいは自宅に携帯を送付するか。)現在、最善策を考え中。
友人の皆さん、何かご連絡あれば、こちらに非公開でコメントをください。(その際は念のためアドレスを教えてください。)お願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR