FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月11日(ベルリン→ミュンヘン ドイツ)

(自分のための日記)

朝9時前起床。
部屋の中の皆は未だ寝ているので、すぐにシャワーを浴びる。
昨日、韓国人2人がバスルームで何かしたらしく、ゴミ箱には塗れたティッシュが山盛り、昨日まで素足で歩けそうだった床は何故か黒く汚れていた。
昨夜、同室のブラジル人男性が「韓国の奴等、一体何をしやがったんだ?!汚すぎる!!」と怒っていた理由がよく解った。

シャワーを終え、バスルームを出るとトルコ人の彼女が起きてシャワーを浴びようとしていた。彼女は私に「もう出て行くの?」と聞いてきたので「20分ぐらい経ったら戻って来るよ。」と彼女に伝え、その部屋の近くにあるリビングルームへ向かい、昨日買った朝食(パン、パプリカと唐辛子と玉葱が入ったペースト)を食べた。トルコ人の彼女を誘うべきだったが、私はとてもお腹が空いていたので1人で食べていた。

食べ終わった頃、トルコ人の彼女が現れ、私は何だか恥ずかしくなり照れ笑いした。

私は先に部屋に戻り、荷造りをしていると彼女が戻って来てFacebookのアドレス交換をしてきた。彼女は用があるらしく私に別れを告げた後すぐにこの部屋を出て行った。

11時、チェックアウトの時間なので部屋を出てキーカードを返却。大きいバッグパックだけ荷物置き場に預けた。

今日はバスでミュンヘンへ行き、バスを乗り換え、ミュンヘンからチューリッヒへ向かう。
カウチサーフィンも何とか確保出来た。

ここからバスターミナルまで歩いて行きたかったが、10km以上の距離があるそうなので断念した。

ロビーでパソコンを開きながら爆笑問題カーボーイを聴いていると、太田さんがフナッシーやマイケル・ジャクソン、安倍首相の物真似を始めてしまい、私は耐えられず独りで声を殺して笑っていた。

15時迄、このホステルのロビーで日記を書いている。

(本日の収支)
euroLinesのチケット、3枚プリントアウト代  30セント(約41円)*PLUS BERLINにて。メールを送って出力
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

続きを読む

スポンサーサイト

6月10日(ベルリン ドイツ)

(自分のための日記)

9時起床。
一度ホテルのプールで泳いでみたかった私は急いでプールへ向かうと誰もいなかったので安心して水着に着替えて泳いだ。私は平泳ぎが苦手なのでクロールばかりしていた。
30分ぐらい経過すると、欧米人男性2人組が入って来た。その後他の欧米人男性4人組が入って来た。今までの経緯とドイツに来てから差別を感じた私としては何だか欧米人に対して苦手意識が増していた。私はすぐにプールを出た。
結局そこに居たのは30分だけだった。

部屋に戻るとブラジル人の彼が部屋に戻っていた。私はこの部屋の人に全く自己紹介をしていなかったので彼は2段ベッドの上段に戻った私を見上げながら尋ねてきた。

「どこから来たの?」

私が彼に「日本」と答えると彼は嬉しそうに知っている日本語を並べて来た。
時々話すフランス語に私は何とかフランス語で答える様に努力した。

ブラジル人の彼も世界中を旅していて、色んな国を周っては、1つの場所に3ヶ月程留まってボランティア活動をして旅の経費を浮かせているらしい。
どんなボランティア活動かよく知らないが、次に行く国はスウェーデン、ボランティア活動をすれば1日9ユーロ(約1,246円)で3食付で宿泊出来るそうだ。本来のボランティアとはそんなもんだろう。

ブラジル人の彼曰く、昨日私がこの部屋で会った彼女はトルコ人で、今はフリーウォーキングツアーに参加しているらしい。

そろそろ正午だ。ブラジル人の彼は食料を買いに外出しすぐに戻って来た。彼はフルーツ味の牛乳とパンを食べていた。彼は林檎を沢山買っていて私に1つ分けてくれた。
私はベッドから下へ降りて彼と少し会話した。

彼に「何故旅してるんだ?仕事をギブアップしたのか?」と聞かれたので私は、つたない英語で答えた。

「仕事が嫌になって、自分の本当に好きな仕事を見つけたくて旅に出たけど、現在の答えは『金を稼ぎたかったら嫌いな仕事に就く』事かな。私は常に親へお金を送らないといけないから旅が終わったらお金を沢山稼がないといけない。何と言っていいか分からないけど好きな事で金を稼ごうとしたら好きな事が嫌いになりそう。だって、例えば、ボランティア活動の代表者がいい家に住んでいたら私は納得出来ない(ボランティアは本当にそれが好きな人がやるべきだと思う)。もし私がボランティアが好きなら適当に仕事を見つけて必死に働いてお金を貯めて休日にそのお金でボランティア活動をするよ。」

そう言うと意外にも彼は理解し納得した。私は少し嬉しかった。

その後、彼は公園へ行くと何度も私を誘ったが私は「眠たい。。。」と言って彼の誘いを断った。今日は朝から雷雨で、やはり私は雨の時は身体が怠くて動けなくなる。

昼過ぎ、彼は外出し私は1人になった。お腹が空いたのでポーランドのお母さんから貰ったチョコチップクッキーの余りとチョコレートを食べた。
眠りながら日記を書いていると15時に新しい人が入って来たので挨拶した。彼は私のベッドから1.5m程離れた隣の上段のベッドだったのでお互いの姿がハッキリと見える。
彼も真昼間からベッドに横になっていた。
「嫌だな。。。」と思いながら気づけば私は眠ってしまった。

18時過ぎ、目が覚め、やはりお腹が空いたのでスーパーへ買い物に行った。
外は晴れて日差しは、さほど強くなかった。
歩いて15分程でスーパーに到着。昨日はやはり祝日だったからか今日の客数はとても少なかった。ペットボトル回収マシンの前も行列は無く1人待っただけですぐに私の番が来た。
2リットルのペットボトルを入れると0.25ユーロ(約35円)のレシートが出てきた。

予算は少ないがお腹は空いているので、店内をしつこく歩き回り、最後は渋々安くて腹持ちの良さそうなものを買う事にした。現在泊まっているホステルには湯沸かし器とフォークがあったので、カップ麺、というよりは一番安いカップパスタを2つ(約218円)、一番安いロールパン6個(約48円)、そのパンにつける刻んだ野菜が入ったマヨネーズの様な一番安いディップ(約137円)を買う事にした。これならきっと明日まで持つだろう。
確か「出前一丁」等の日本のカップ麺等があったが1つ約180円だったので渋々諦めた。
レジで(今日こそは!)と昨日渡し忘れたペットボトルの0.25ユーロ分のレシートと今日のレシートを渡したので最終的に合計金額から0.5ユーロの値引きをして貰った。

買ったものを手に抱えホステルへ戻り、すぐにキッチンへ向かい湯を沸かしカップパスタを作った。そこにナイフがあったので昨日買ったトマトを切って、パンと一緒に食べたが、パンはとても不味かった。トルコのパンが恋しい。
喉が渇いていたせいもあって、残りのトマトを2つ切って再び食べていると隣に座っていた女性から声を掛けられた。

「同じ部屋の方ですよね?」

すっかり顔を忘れていた私は彼女に「トルコ出身の?」と聞くと「そうよ」と彼女は答えた。
彼女はスウェーデンに留学していて先日卒業、ここへ旅行に来ているらしい。
私は彼女に言った。

「トルコはね、あ、私は今世界一周をしているのだけど今まで訪れた国の中でトルコは1位なんだ。私は特にサフランボルが気に入ったけど。とにかくトルコの人達は『チャイ飲んでけ』って声を掛けてくれるし、優しいし困っていたら助けてくれるから大好き。」

そう言うと彼女は、「少し前まで外国人観光客が少なかったから外国人を見ると嬉しくなるのよね。確かにトルコ人は優しい。」と答えた。以前は外国人が少なかったのか。。。

彼女なら理解してくれそうだと思い私は彼女に「ごめん、実は私ドイツ、というよりベルリン大嫌い。だって皆無愛想だし困っていても助けてくれない。まぁ、声をかけたら最低限は助けてくれるけど。」と伝えると彼女はやはり理解してくれた。

「そうそう、確かにここの人は冷たい。スウェーデンはもっと冷たいわよ。それに私はベルリン2日目だから何も解らないけど、今日のフリーウォーキングツアーのガイドさん、最悪だった。通常なら1~2ユーロのチップで済むのに、そのガイドさんは『私はこれで食べていってる。10~15ユーロぐらいは欲しい。私のガイドに満足しなかったの?』と言って来たから私は5ユーロ渡したわ。」

大体、フリーウォーキングツアーといえば無料でガイドさんが案内をしてくれるのだが、ツアーが終わったら皆が1~2ユーロのチップを支払うのが常識になっている。日本で育った私としては理解し辛いが、まぁ、その人の何かの足しになればと思い私もハンガリーで2ユーロ程支払った記憶がある。だが私のガイドさんは「チップは支払わなくてもいいんですよ。私は好きでこの仕事をやってますから。」と、本音かどうかは知らないが言っていた。

それにしても、こんな話を聞くとベルリンのイメージは下がりっぱなしだ。

ブラジル人の彼が今夜バーへ行こうと言っていたので夕食を食べ終えた私達は部屋に戻り彼が戻って来るのを待った。

私は明日から向かおうと思っていたスイスのチューリッヒのカウチサーフィンを何とか見つけた(公開リクエストを見た人からメールを貰った)ので慌ててバスチケットを取ろうとするが(ベルリンからチューリッヒまで〔朝発夜着〕直接行くバスが44ユーロ【約6,095円】)売り切れてしまい、とりあえず予算を重視して再度検索し、以下のバスチケットを買う事にした。

6/11 ベルリンZOB 16時30分発 ミュンヘンZOB 23時35分着
   MEINFERNBUS 22ユーロ(約3,047円)*チケットの画面コピーで対応
6/12 ミュンヘンZOB 2時45分発 チューリッヒ 7時45分着
   euroLines 34ユーロ(約4,710円)*プリントアウトしたチケットで対応

クレジットカードがあればパソコンから購入可能だ。
ブラジル人の彼が戻って来た。
その時調度22時を過ぎたのでブラジルの彼がベッドに居る私に「そろそろ行く?」と声をかけてきたが私はノートパソコンを睨みながら「あと5分!」と言って何とかバスチケットを購入出来た。

その後、ブラジルの彼とトルコの彼女と私の3人でバーへ向かった。
バーで飲むのは高いからと途中の酒屋でビールを買って飲みながら歩いた。

大きい公園を通るとどこの国か不明だが黒人男性がブラジル人の彼に声を掛けて来た。「何か要らないか?」どうやらヤクを売っている様だ。彼は鼻で笑って断っていた。単に声を掛ける場合もあるだろうが、大体売人はヤクをしている人を見抜けるはずだ。その時私は思った。ブラジルの彼はヤクをしているのでは無いだろうか。今朝のバスルームからの鼻をすする音、今朝一緒に話していた時にやたらとヤクの話をしていた事、そして表に出さないがとても気が短い事。いや私の憶測であって欲しい。

公園の端っこにそのバーはあった。家の様なたたずまいで、2階が入り口で入場料は3ユーロ(約415円)。世界中を旅したい私にはとても勿体無い金額だった。するとトルコ人の彼女は言った。「外で飲むだけで充分じゃない?」彼女の発言で私は救われた。

そのバーのトイレを借りようとするとブラジルの彼が「こっち」と言うので入った。女性が使うトイレが2つ、その外には男性用の小便器が6~7つぐらいあった。
(バーのトイレが共同で大丈夫なのか??)
そう驚きつつも、その場に居た男性は親切に「ここ空いてるよ。」と教えてくれた。用を足して扉を開けるとブラジルの彼が小便をしていた。彼は私に背中を向けたまま言った。

「Oh,君はトイレを間違えたね!女性用のトイレはあっち!」

(あんたが言ったじゃん!)そう思いながら私はトイレを出ると数人の男性に冷やかされながら笑われた。

その後、バーの外で3人で少し会話をした後ホステルへ戻った。

私はビールを飲む時とピリオドの前はとてもトイレが近くなるので戻る途中にあったバーのトイレを借りた。そこのスタッフは嫌な顔をせず「いいですよ」と言ってくれた。

バーにトイレがあって、貸してくれる所もあるのに何故路上で小便をする奴が多いのだろう。ベルリンの道路は舗装されて綺麗に見えるが、意外とゴミが落ちていて所々小便臭い。

1時前就寝。

(本日の収支)
スーパーREWE
ペットボトル2本買い取り 0.5ユーロ(約69円)
パン6個入り       0.35ユーロ(約48円)
パプリカ、玉葱等の入ったディップ      0.99ユーロ(約136円)
スパゲティボロネーズ(カップパスタ)    0.79ユーロ(約109円)
GULASCHTOPF(カップパスタ)        0.79ユーロ(約109円)
MEINFERNBUS*ベルリン→ミュンヘン    22ユーロ(約3,047円)
euroLines*ミュンヘン→チューリッヒ     34ユーロ(約4,710円)
酒屋にて瓶ビール              1.6ユーロ(約221円)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

6月9日(ベルリン ドイツ)*後日校正追記予定


(自分のための日記)

朝9時半起床。
10時チェックアウトなので慌てて身支度を整えベッド等のシーツを外し部屋を出る。
シーツを通路にあったワゴンの上に置き、キーカードをフロントに預ける。
先程、通路で合ったドイツ人らしき女性とトイレでも再会し、別れ際に彼女から「チュース!(ドイツ語でバイバイ)」と言われ、ドイツに悪い印象を持っていた私としてはとても心が温まった。(もしかしたら彼女は昨日同室に居た子かもしれない。)

外へ出て1km程歩いた、橋より手前の場所に今日から2泊する予定の「PLUS BERLIN」ホステルがある。iphoneでgpsを拾いながら向かったが、そのホステルを見つけるのはとても簡単だった。ベルリンならどこにでもありそうな赤レンガで造られた建物の、大きい道路に向かった側面にしっかりと「PLUS BERLIN HOSTEL」と書かれてあったからだ。
その隣にはTOYOTAのショールームがあった。

そこに到着したのは10時半頃、フロントに尋ねると「チェックインは15時からで、チェックアウトは11時なので未だベッドが空いていません。15時にチェックインに来てください。。。wifiが必要ならパスワードを渡しておきます。荷物を預けたいのであれば、あちらのテレビ画面の下が荷物置き場への入り口となっています。スイミングプールとサウナは今から使っても構いませんよ。」と久しぶりに痒い所に手が届く事を言われホッとした。

ここはインターネットで調べた時、日本人が「少し高級なホテルの様なホステル」とコメントしていたのが印象的で、実際に来て見て思った事は、今まで私が見たホステルとは全く違うホテルの様なホステルで、確かに1泊10ユーロにしては色々なサービスが含まれており、昨日の無愛想なスタッフが居たホステルで1泊13ユーロにシーツ代3ユーロ取られ、wifiは当然の様に1時間1ユーロと言われ不満で一杯だった思いをした翌日に、こんなにも違う、ホステルとサービスの質を目の当たりにすると何だか嬉しくなってきた。

*後日校正追記予定
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
プロフィール

richmiyuki

Author:richmiyuki
現在、携帯のメール使用不可。
au曰く帰国後じゃないとメールの再開は出来ないそうです。(あるいは自宅に携帯を送付するか。)現在、最善策を考え中。
友人の皆さん、何かご連絡あれば、こちらに非公開でコメントをください。(その際は念のためアドレスを教えてください。)お願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。